すずめさんのおうち

陰キャのブログ

GPの話その2

今日はGP9thの思い出語り


ここから先カードに関する話題はほとんど無いので、前回のGP8thの日記同様オタクの自分語りに時間捨てることを躊躇わない人だけ読んで欲しい


f:id:Szm_san:20191007230239j:plain


時系列を追っていこう


GP9th前日、10/4(金)

早朝会社へ向かうすずめさん。前回のGPでは後にも先にも取れなかった有給だけど、今回は取れたので大丈夫かなと思ったんだけどね

まあ有給なのでそんなに長居はせず帰宅、ある程度の睡眠を取ってからたぬきさんと合流した


今回のGPは静岡開催。当然電車では始発で出ても間に合わない。そこで今回はたぬきさんの車に便乗させてもらうことにした


今回のメンバー

メイン運転手・たぬきさん

サブ運転手・ナスさん

非常時運転手・jackさん

塾長・ワンちゃん

陰キャ・すずめ

GP0没したものの物販ガチと化したモトヒ


行きの車内

モトヒの持ち込んだSwitchでスマブラをやることに

高校生の頃DXとエックスは触ったが、なにぶんこういったアクションゲームは苦手でな…あと小さいコントローラーに慣れるまでかなり時間かかった

動き知ってるキャラしか使えないからやっぱりサムスとかロイなんだよな。あとは昼飯の画像をツイッターに投稿してるおじさんとかも使ったよ

でもちょっとテンション上がりすぎて騒ぎすぎたの良くなかったから反省


10/5(土)、GP9th当日

午前3時半頃、宿泊先の黒潮に到着

f:id:Szm_san:20191007230045j:plain

↑テンションの上がるモトヒ


宇都宮南大門みたいなスーパー銭湯をイメージしてたから風呂にはこじんまりとした感を受けたが、休憩スペースはかなりリラックスできて良いところだった

7時頃まで休憩。寝とこうと思ったけどなんだかんだあんまり寝れなかった…


GP当日朝。駐車場がどこも青天井しかなく、静岡の環境にビビりながら入場


試合結果はまあ先日の記事通り

すずめさんの負け方もまあまあ凄いけど、そもそも持ち込むデッキがズレてたからしゃーないと思うところはある

ナスさんが8thに続き【クランヴィアデリート】踏んだり田中が≪デッドソード≫ループを決めたのに対面ゴネからの時間切れで負けたり、GPって凄いこと起こりすぎ


とおるさんを見かけたけど、仕事中に話しかけたりするほど非常識ではないので🤚


「3敗強制ドロップしたら万券オリパ剥く」と決めてたので万券オリパを剥く。こんなことしてるから後々金欠気味になって困ることになるんだよなぁ

出たのは≪ミッツァイル≫シク…次回以降のGPではオリパ剥かないかもしれない


物販ガチ勢のモトヒ、サブイベントでポイント稼いで文字通り自らの足で≪轟く侵略 レッドゾーン≫のプレイマット・スリーブをゲット

最初にポイント交換のレート聞いた時はこれマジで交換できるのか…?と思ったもんだが、実際やればなんとかなるもんだね

モトヒの魂のカードだしGP9th来た意味だから手に入ってほんと良かったね

すずめさんが買った箱とかで余ったポイント使って≪ボルシャックNEX≫のスリーブもゲット


たぬきCARメンバーで完走したのはワンちゃんとjackさん、ワンちゃんはオポ上がりでベスト128に残り≪プーンギ≫プロモをゲット


なおこの≪プーンギ≫プロモはイナミが買い取りました。モトヒの魂のカードが≪レッドゾーン≫ならイナミの魂のカードは≪プーンギ≫なのではないだろうか


f:id:Szm_san:20191007231606j:plain

↑爆勝ちが露呈してしまい引退宣言を撤回するイナミ


それから色褪せおにいさんの元へも行きました

画像の日焼けカードを渡してミッション・コンプリート

前回渡した≪ダンチガイファンキガイ≫とかも展示してくれてて嬉しかった

f:id:Szm_san:20191009215705j:plain

f:id:Szm_san:20191007231816j:plain

↑今回渡した日焼けカード


f:id:Szm_san:20191007232417j:plain

↑GPスリーブの不良品引いたのしばらく許さないぞGP運営フルコンプさんよ…


ゲームの結果自体は振るわなかったけど何かと楽しく過ごせたので良かった


GP会場を後にし、たぬきCARメンバーにイナミを加えて静岡名物さわやかへ

f:id:Szm_san:20191007232700j:plain

↑さわやかで食べたハンバーグ。さわやか倶楽部というセットの方が安いらしい

ツイッターとかでよく見る牛の鉄板を見て興奮


栃木によくある鑑定団が静岡にもあって驚きつつ少し浮かせて次の街へ

昼飯のさわやかが胃にかなりの負荷をかけてるようで、途中で寄ったりしたSAで美味しそうなもの見つけてもあんまり食べられなかったのがちょっと残念だね


宿泊先は静岡から離れて、たぬきさんが見つけてくれた熱海のホテル。いや今回たぬきさんに依存しすぎててやばい


疲れ切っていたのでがっつり睡眠


10/5(日)、帰還の日

朝はゼロワン視聴するなどゆったり過ごして出発。いや熱海ってアップダウンが多くて運転大変そうだよね


f:id:Szm_san:20191009213614j:plain

生しらすは"ガチ"


GPで一気に話題となった≪生命と大地と轟破の決断≫系デッキや【カリヤドネループ】のパーツを探しつつ宇都宮に帰還


「さわやかと食べ比べしたいね」ってことで宇都宮の爆弾ハンバーグへ

・さわやか:爆ハンと比べて肉自体の味付けは控えめ。ワンちゃん曰く肉そのものの味で勝負できるから。確かに肉質はさわやかの方が良さそう。あとライスがおいしい

・爆ハン:肉自体に胡椒等でがっつり味付けされてるので味が濃い。ライスおかわり無料もあって、値段の割に量は多いのでコスパが良い。がっつり食べる学生向き

結論、特に優劣なくどっちもうまい


なんだかんだ23時くらいに帰宅


いや、それにしてもただ車に乗ってただけでなにもかも全部任せっきりだったのにかなりの疲労感だね

これ電車とかで行ってたらマジでやばかったね、たぬきさんに感謝ねこれ


さて次回のGPは、3人チームの殿堂構築戦らしい

場所は愛知県…愛知…?

流石に遠いので次はパスかもな。遠いって理由で京都のGPも出なかったし

あと土曜開催だから金曜休み取れないとそもそも無理そうだな

それ以前に陰キャはチーム組めないだろってか☺️


こういった記事だと締め方もよくわからないね

おわりです

GPの話その1

今日はデュエルマスターズGP9thに参加しました


・使用デッキ

使用:赤黒t青墓地ソース

f:id:Szm_san:20191005232040j:plain

構築は前回のイエサブCSで使ったものと同じ。≪メガゴーワンチュリス≫の枠を最後まで悩んだが、トリガーを厚く採ることを意識しそのまま採用


・環境考察

先週から次々結果を残している【赤青緑ミッツァイル】のコピーデッキが大量に沸くだろうと予想。色拘束の強さからすぐ握って使いこなせるタイプのデッキではないため、この対面はそこまで重く見て無かった

入賞数こそ減っているものの、GPの特性上直近のCSで握り慣れたデッキを使う傾向があると考え【青黒緑デッドダムド】【青白スコーラー】が母数は依然多いと予想

有名どころが構築を公開した、このデッキの不利対面である所謂【CRジョットガンジョラゴン】も警戒すべき対面だと思ったが、予選8回戦中1か多くても2回のマッチだと考えた

それに安定した出力が売りなので、グランプリ特有の非公開新規デッキやローグデッキに安定した勝率を取りやすいっていうのも後押しした理由だった


・試合結果

一回戦:緑t青ジョラゴンジョーカーズ×

二回戦:白単裁Z⚪︎

三回戦:緑単ループ⚪︎

四回戦:赤青クラッシュ覇道×

五回戦:青緑G7×

2-3予選落ち


・各対面

【緑ジョラゴン】≪キングザスロットン7≫のcipから≪キングザスロットン7≫≪キングザスロットン7≫≪キングザスロットン7≫≪ポクチンちん≫を捲られ負け

【白単裁Z】≪魂穿ツ煌世ノ正裁Z≫をケアした≪5000GT≫2面で殴るも公開領域3枚目の≪サッヴァーク†≫着地で計画が狂う。しかし≪オブザ08号≫cipで処理して殴り切って勝ち

【緑単ループ】相手2コスト初動無し、≪クロスファイア≫≪5000GT≫で≪逆転のオーロラ≫プレイターン直前に盾を割り切って勝ち

【赤青クラッシュ覇道】次ターンに≪クロスファイア≫≪5000GT≫≪バルチュリス≫をプレイできる手札を揃えることができたが、相手の4t≪MANGANO-CASTLE!≫から≪ポクタマたま≫で墓地リセット。有効トリガーも無く負け

【青緑G7】こちら3tまでパスから≪終焉の開闢≫で墓地を肥やすもまたしても≪ポクタマたま≫に阻まれる。≪ジェイSHOCKER≫で≪クロック≫ケアを含んだ≪ガンバトラーG7≫にワンショットされ負け


・所感

≪ポクタマたま≫の採用率がほぼ100%のような状態になってるとは正直考えていなかった

各種【ジョーカーズ】がかなり母数を伸ばしており、当たれば必ず≪ポクチンちん≫≪ポクタマたま≫をプレイされてしまった


【青黒緑デッドダムド】や【青白スコーラー】はほぼ母数0状態、【赤青緑ミッツァイル】は一部の上位プレイヤーが握るのみ、ことごとく環境読みを外してしまった


じつは昨日の夜【墓地ソース】自体の通りが先日ほど良くはないってことは気が付いてて、ワン公さんに半ば愚痴っぽく零してしまっていたが、今更握るデッキを変えられるほど器用じゃなかった

他の握る候補も【青黒緑デッドダムド】か【赤青クラッシュ覇道】辺りなので、どちらにせよ勝ち切れるアーキタイプでは無かっただろう


今回は環境読みの雑さというか、握れるデッキに合わせた甘えた都合の良い環境考察になるよう自分で思考を変えてしまっていたのかなって、そんな感じだった

でも流石に≪ポクタマたま≫捲りすぎだよ!!


それと

優勝したのは【青白黒カリヤドネループ】だった。先述したグランプリ特有の非公開新規デッキだ

またベスト4に【カリヤドネループ】二人目に加えて≪MEGATOONドッカンデイヤー≫と≪生命と大地と轟破の決断≫のコンボデッキ【メルゲループ】が入賞

あのとんでもない完成度だった非公開デッキ【赤白ジョバンニ】や一時代を築いた【NEXミラダンテ】ですら成し得なかった、非公開新規デッキがグランプリ優勝という快挙を遂に成し遂げたのである。これはデュエルマスターズ史上かなり意味のある優勝だったなぁと思う


GPの体験記その他諸々は、長くなっちゃうのでまた別の記事で書きます

もうほとんど静岡旅行の話になりそう


おわりです

小山CSの話

今日は小山の2ブロックフォーマットのCS「小山CS」に参加してきました


今日は面白いデッキができたので、デッキ紹介メインにしたいなーと思ってます


まずは使用デッキ

赤青カエルミッツァイル🐸

f:id:Szm_san:20190929003819j:plain

f:id:Szm_san:20190929003832j:plain

f:id:Szm_san:20190929003901j:plain

f:id:Szm_san:20190929003934j:plain

f:id:Szm_san:20190929004027j:plain

これで宇宙を創造するデッキ

≪魔神轟怒ブランド≫のお陰で簡単に過剰打点が作れるようになった


次に戦績

一回戦:赤白アグロ⚪︎

二回戦:青t黒魔導具⚪︎

三回戦:赤青緑ミッツァイル×

四回戦:赤白アグロ×

五回戦:青黒GRハンデス×

後半の失速が痛く2-3予選落ち


リスト

2-3で負けたリストではあるものの、かなり可能性を感じたデッキだったし、なにより回してて面白い。いろんな人の意見が欲しいところ

f:id:Szm_san:20190929004957j:plain

コンセプトはあらゆる≪ミッツァイル≫デッキと違わず、小型を並べて≪ミッツァイル≫でワンショットすること

斯様なデッキは数あれ、今使おうとすると≪DOROROOONバックラスター≫のような優秀な除去カードが蔓延しており≪ミッツァイル≫で壊したいクリーチャーをターンを跨いで用意できず、まともに機能しないと考えた

元々使おうとしていたのは【赤青クラッシュ覇道】。サブプランとして≪ミッツァイル≫のワンショットを採ろうとしたところ、これこっちに特化した方が強いのでは?と考え、昔ワン公さんが練っていた【赤青ミサイル】に構築を近付けていった

≪カエルBジャック≫採用案は当のワン公さんから頂いた。横に並べたクリーチャーを寝かせてGR召喚呪文を唱え、さらに出たクリーチャーで次の呪文を唱える、その寝たクリーチャーを壊しての≪ミッツァイル≫で擬似的なアンタップが行える
≪ウェイボール≫≪パラリラセーリング≫と組み合わさるとかなりの速度でクリーチャーを横展開できる
おまけのように付いてるドロー能力もかなり強く≪ミッツァイル≫を引き込むのに一役買っている

【赤青緑ミッツァイル】のようなcip持ちGRクリーチャーを回して半ループのようなことはあまりできないものの、初速の速さ、≪魔神轟怒ブランド≫を添えることによるワンショットの質の高さで勝負できる(もちろん序盤にしてはって意味で、後半なら除去撃ってからだったり≪ディール≫添えたりできてかなり質高いワンショットも狙えるよ)

実際、現段階のリストでも4t目あたりで≪魔神轟怒ブランド≫が絡んだオーバーキルを叩きつけることもできる


今日の各対面

【赤白アグロ】こちらの≪カエル🐸≫が相手の≪KAMASE≫で≪ドーピードープ≫捲られ除去される、なにおき。≪プーンギ≫1点から≪バックラスター≫が入り除去し返す。次ターンで≪ミッツァイル≫走らせて勝ち

【青魔導具】当然のように先攻2t≪卍新世壊卍≫スタート、ただ5t目のプレイが≪エアヴォ≫でボード除去だったので1ターン貰え、≪本日のラッキーナンバー≫で≪cho絶ラッシュ≫を止めながら殴り切り

【赤青緑ミッツァイル】≪カエル🐸≫のドローと≪パラリラ≫3回合わせても≪ミッツァイル≫が見えず。先述の通り初速で勝負するデッキのため、タイミングを逃すとそこから捲るのは難しい。≪バックラスター≫で盤面制圧され、ようやく引いた≪ミッツァイル≫でジャスキル程度のワンチャンを作るもトリガーに阻まれ負け。まあある程度盾が厚いデッキなので仕方なし。今日唯一≪ポッポーポップコー≫でブロッカー除去できた

【赤白アグロ】先手を取られて4キルトリガーは無し。こちら3t目に手から≪クロック≫召喚のみしか行動許されず。デュエル・マスターズってゲーム難しいな

【青黒GRハンデス】二種の初動が無く苦し紛れの≪バックラスター≫。複数回バウンスされ横に展開させて貰えず、特に目立ったプレイもなく終始ペースを握られ負け。≪ウォズレックの審問≫にビビりすぎて軽いカードマナに切りすぎたね

≪ウェイボール≫と≪カエル🐸≫の8枚のうち1枚以上引かないとそもそもまともにゲームするところまで持っていけないっていう脆さが出て、まあ5回も予選やれば1回は起きるかなってところ


あんまり見ないあたりで採用理由とかあるカードについて

≪鋼ド級ダテンクェール≫。赤のGRクリーチャーに変えた方が≪魔神轟怒ブランド≫からすると事故りにくくて良いんだけど、≪MANGANO-CASTLE!≫でリーサル組まないといけない時に2打点持ちが2種だけでは心許ない。ぶっちゃけ≪ミッツァイル≫してれば多少不純物あっても5体達成できるしね

アプローチの一つとしてGRを赤染めして≪MANGA≫自体切ってしまうのもあるから追々試してみようかな

ソニーソニック≫。≪ミッツァイル≫が除去されても殴れるアタッカー。≪KAMASE≫を採らなくなったことで採れるようになったカード。他のGRカードから捲れて最序盤に刻んでおくと後で楽になったりすることもあって殴りどころが重要だよね

≪ポッポーポップコー≫。ここ最後まで悩んでた。≪オケ狭間 寛兵衛≫を除去した。≪甲殻 TS-10≫や他の赤のGRクリーチャーで処理の難しい≪ティツィ≫あたりの採用率も高いためこれを採った。ここもっといいカードがあれば変えていい

≪スープリンス≫。≪卍新世壊卍≫に触りにいけるカード。呪文なので≪ウェイボール≫も壊せるのすごいよね。【青魔導具】【青白スコーラー】意識の採用。殿堂フォーマットでもワンチャン使えそう。≪カエル🐸≫と絡むと4〜5マナの中級域まで除去範囲入ることがあるしなかなか馬鹿にできないよね


最後に

ワンちゃんベスト8入賞おめでとう。この赤青ミサイルのことワンスペって呼んでたんだけどワン公さん自身は使ってないの草だよね

f:id:Szm_san:20190929013339j:plain

なおその≪テック団の波壊GO!≫はすずめさんの手元にあります

あと3枚欲しい…


おわりです

こあら杯の話とか

今日は北関東一の神CSこあら杯に参加してきました


・使用デッキ:青黒緑デッドダムド

GPも近いので、握るデッキの候補になりそうなものを選択

新弾のカードから≪白皇世の意志 御嶺≫≪天啓 CX-20≫≪ソゲキ 丙-一式≫、メインに≪解罪ジェ霊ニー≫≪Code:1059≫を採用


・戦績

一回戦:青魔導具❌

二回戦:5cコントロール(Kさん)❌

三回戦:赤単アグロ❌

四回戦:赤緑ジョーカーズミッツァイル❌

五回戦:トリガービート❌

六回戦:赤白緑ビッグマナ⭕️

1-5


・各対面

【青魔導具】、2t≪卍新世壊卍≫設置、以上

【5cコントロール】、≪獅子王の遺跡≫2枚ののビッグブーストから≪蒼龍の大地≫≪ドラゴ大王≫。何すれば良かったんですか

【赤単アグロ】先手3キル、もう何も言うまい

【赤緑Jミサイル】先手4キル、初動が引けないと受からない対面のため仕方なしかな

【トリガービート】STでシールド追加できるカードとスパーク系など1ターン確定で耐えるカードを多投して耐久するコンセプト?見事耐久されてLO

【赤白緑ビッグマナ】手札の有効札落として動き遅らせて≪Code:1059≫でGR横展開して叩き切って勝ち


簡単にまとめると、環境に上手く合わせられてなかったんだと思う。前寄りのデッキと連続でマッチすると思ってなかったから受けカードを追加の≪デジルムカデ≫や≪ジェ霊ニー≫等に割いていたし

特に序盤は初動が無く悠長な動きとなってしまった。受けカードを削っている分初動にかなり枠を割いていただけに悲しい結果だね


初動しっかり引いて繋がらないと受けにならない構築にしていたからまあこんなものでしょう


・新弾カードの使い勝手とか

≪解罪ジェ霊ニー≫:≪解体人形ジェニー≫のオーラ版。≪超次元リバイヴ・ホール≫の墓地回収には対応しないが、2マナブーストから繋がった時の≪ソゲキ 丙-一式≫を捲っての2ハンデスや≪スカップⅢ≫でついでの盤面除去とかなり使い勝手の良い印象。無月の大罪の終了時自壊も≪G・W・D≫やマッハファイター等の的を作らないため、敢えてこちらでプレイすることもある

≪Code:1059≫:GRクリーチャーの横展開用。後半は相手の墓地の呪文を連続で奪いながら横に飛ぶテクニカルなカード。まあ書いてあることは強かった。≪VV-8≫で追加ターンを取ると、これの効果でGR召喚したクリーチャーが追加ターンで殴れるし、追加ターンの終了時にも誘発するのでちょっと得した気分になれる。下手だからかもしれないがプレイするタイミングが全然ない。シクのイラストが強いよ

≪白皇世の意志 御嶺≫:最強≪デジルムカデ≫製造機。≪ジェ霊ニー≫や≪Code:1059≫で事前に捲って後から≪デジルムカデ≫を置くと運ゲーに頼らなくて済む。殴れないデメリットがあるが、そもそも速く殴るデッキでもなく殴るにしても横のコマンド達なのであまり気にならない。この手のデッキにはすぐにでも必須になりそう

≪天啓 CX-20≫:3枚ドローのテキストがすごく強そうなカード。ハンドリソースを≪VV-8≫に依存していた【デッドダムド】からするとかなり美味しい。ただ捲るタイミングが≪デジルムカデ≫の5マナ帯なので、最初に捲るとドロー効果誘発できないことが多々あり。パワーも2000と低いので、硬い≪デジルムカデ≫にはならない。状況を選ぶ効果だけにGRクリーチャーという性質が痛く、扱いが難しいと感じた。素直に4kライン以上のパワーを持つクリーチャーと入れ替えるのもありか

≪ソゲキ 丙-一式≫:cipでセルフハンデス。≪ジェ霊ニー≫で捲ればあの≪スケルトバイス≫と同等レベルのパフォーマンスを見せる。パワーが1000しかないので≪デジルムカデ≫に付くと非常に悲しい。そのデメリットを負って余りあるほどハンデス効果が強力だと考えて今回の採用に至った


・サブトーナメント

久しぶりにサブトーナメントに参加

使用:赤黒t青墓地ソース

先週イエサブCSで使ったものと同じ


二回戦

対面 【トラマルGGG

相手の≪モエル・ゴー≫プレイで察する

進化≪トラマルGGG

一回目ジャッジは2回負け、≪逆転王女プリン≫で≪トラマルGGG≫アンタップ

二回目ジャッジ、≪暴走龍5000GT≫を捲り勝ったと思ったら相手の捲り≪超絶奇跡 鬼羅丸≫。ジャッジに3回負け踏み倒されたのは≪超絶奇跡 鬼羅丸≫

≪超絶奇跡 鬼羅丸≫のcipで3枚目の≪超絶奇跡 鬼羅丸≫踏み倒し

負け


≪鬼羅丸≫がまだ1kとかしてた頃に【トラマルGGG】ブン回して遊んでたので懐かしい気持ちになった


あとみすとさん2位おめでとう!

ああ早くごわさんを煽り返せるような男になりたい


今日CSあんま書くこと無いかなと思ってポケマスについて書こうかと思ってた

CS結果について結構書いたのでまあ書かなくてもいいんだけど、少しだけ

f:id:Szm_san:20190922020424p:plain

f:id:Szm_san:20190922020459p:plain

f:id:Szm_san:20190922020533p:plain

f:id:Szm_san:20190922020611p:plain

f:id:Szm_san:20190922020639p:plain

エリカめっちゃ推せるな。仕草がいちいち可愛い。ポケマスを作った意味をひしひしと感じる。ポケモンの女の子キャラを動かしたらそりゃ可愛いわな、当たり前だけど

f:id:Szm_san:20190922020912p:plain

手振ってるのほんとにやばいな

このポケセン待機画面、いろんなキャラが手振ったり別の仕草してたりするから結構面白いよね

推しキャラの表示頻度増やせるのもオタクに配慮されてて良きね


編成とか周回とかは書けるほどやり込めてないんだよね。素材集めに苦心しすぎてようやくレベルMAX2体目作ったってところだし

最近立ち回りが分かってきて、大修練VHを回れるようになった

とりあえずゆうきを女の子二人で挟んでバフかけてリーフストーム連打がなんだかんだ効率いいね


ストーリーで手に入る配布キャラもレベル上げればしっかり強くてちゃんとイベントとかでも使えるっていうのがいいね。ガチャ限に人権キャラはもちろんいるけど、マルチ潜るとガチャ限無しで組んでくる人も割といるしね


一ヶ月後くらいには「なにがポケモンマスターズじゃ!こちとらデュエルマスターズじゃ!」って言ってそうと思ったけど、まだしばらく触りそう


おわりです

イエサブCSの話

今日は宇都宮イエサブCSに参加しました

久しぶりにお気に入りのデッキを使いました


・使用デッキ

赤黒t青墓地ソース

f:id:Szm_san:20190916003848j:plain

墓地の枚数を増やすと早出しできる≪暴走龍5000GT≫と≪百万超邪クロスファイア≫がフィニッシャー

E3期から存在し現在にかけて様々なアップデートがされてきた息の長いアーキタイプ

≪5000GT≫が降りると回答無くなるorかなり細い【青黒緑デッドダムド】【青白スコーラー】のようなデッキが多いと考えて使用

実際【スコーラー】には≪5000GT≫着地してから返されかけたけど


・構築

f:id:Szm_san:20190916004203j:plain

≪スパイナー≫と≪クロック≫、二種の強力な受けトリガーを最大枚数採用。高速で墓地が肥えなかった場合の盾で受けて返すプランを増強した感じ

それ故≪プライマルスクリーム≫も最大枚数採用

≪メガゴーワンチュリス/ゴゴゴGO1ナックル≫は元々≪ハヤブサマル≫なんかの枠だったが、≪ウェイボール≫に早い段階から触れる点を評価して採用

まああとは大体テンプレ通り


・戦績

一回戦:青白スコーラー⭕️

二回戦:青白黒ハンデス

三回戦:青黒緑デッドダムド⭕️

四回戦:青黒緑デッドダムド⭕️

五回戦:赤単アグロ⭕️

六回戦:青黒緑デッドダムド⭕️

5-1、7位通過(8人上がり)

本戦

一回戦:青白黒ハンデス(二回戦の対面)❌❌

ベスト8、ミクセル貰っておしまい


・各対面

【青白スコーラー】。≪5000GT≫が降りれば取れると想定していた対面。≪GT≫着地まで成功し盾を割り切るものの、≪ヘブンズフォース≫から≪イグゾースト≫踏み倒しでアタッカーを全て止めながら≪スコーラー≫着地で追加ターンまで動かれた。≪本日のラッキーナンバー≫で7を宣言されなかったため≪クロスファイア≫降ろして勝ち


【青白黒ハンデス】。初手≪GT≫≪GT≫≪GT≫≪バルチュリス≫≪ほめほめ≫ ≪クロスファイア≫←トップ

('A`)なにおき

≪ほめほめ≫プレイ、有効札の≪カツラデランス≫抜かれる、その後のドロー≪スパイナー≫≪スパイナー≫≪スパイナー≫、なにおき

墓地回収も含めて≪GT≫≪GT≫≪GT≫≪クロスファイア≫のボードを作って殴る。≪クロスファイア≫2点

f:id:Szm_san:20190916005544j:plain

負け


【青黒緑デッドダムド】2連戦。忘れちゃったので割愛。まああの手のデッキ≪お清めシャラップ≫絡められなかったら相性差捲れないし、トリガー切ってるから≪クロスファイア≫≪GT≫≪バルチュリス≫ほぼ受けられないし仕方ないね


【赤単アグロ】。相手の1点目で≪スパイナー≫。流石にごめんなさいよ。勝ち


【青黒緑デッドダムド】。プレイヤーは我が魔王こととおるさん。我が魔王といえど事故と相性差には屈する。人間とはそういうものである。ブン回って勝ち


本戦

【青白黒ハンデス】。予選二回戦の再戦

一本目、≪GT≫≪クロスファイア≫手札に≪バルチュリス≫のハッピーセットを揃えて殴りに行ったら

f:id:Szm_san:20190916010718j:plain

負け


二本目、≪GT≫≪GT≫≪クロスファイア≫の盤面、≪バルチュリス≫こそ無かったもののかなり早い段階でこの盤面まで行けたので今度こそ!と思い殴る

f:id:Szm_san:20190916010839j:plain

f:id:Szm_san:20190916010852j:plain

負け


という訳で、ベスト8で終了

本戦一本目プレミがあったにせよ同じ人に3連敗は堪えるな。ミスしててもしてなくてもその盾なら結果変わらなかったけども


DMPランキングのあれを見たら個人での予選上がりは小山CS以来だったので、CSプロモに届くくらいのところまで行けて素直に嬉しい


ちなみに今日の優勝は【赤黒t青墓地ソース】でした。同じアーキタイプだっただけに、当たりが違えばそこに居たかも知れないと思うと悔しいな


あああと

Twitterで何人か居たので一言。【墓地ソース】の優勝にその場にいた訳でもないのに難癖つけてるのはなんなん。僕もこのアーキタイプが通りが良いと判断して選んで実際予選上がるとこまでは行ったから、今日このアーキタイプの環境的な立ち位置が良かったのは事実

イワシン≫が山上から落ちたっていうのも、≪シャラップ≫受けた直後だったんだから誰だってワンチャンに賭けて山上落とすだろ。僕でもそうするし

結局身内以外が勝ったから気にくわないってだけなんだから、あんまり見苦しいのはやめてね


それから

とおるさん、3位入賞おめでとうございます

祝え!全ロッテの力を受け継ぎ、チョコとクッキーの合わさった美味しいお菓子。とおるさん/こあら、銅メダル獲得の瞬間である


来週はこあら杯。新弾の使えるCSらしい

そういうあれだと新弾のカードとか使いたくなるけど、慣れてないデッキを使うより手に馴染んだデッキを使った方がいいかな


おわりです

オルタナCSの話

今日はオルタナCS3人チーム戦に参加してきました


まずはチームの紹介から


・チーム名「ピカねこ藤チュウ」

今日のチームリーダー『藤ねこ』と、有名ゲーム「ポケットモンスター」シリーズの看板キャラクター『ピカチュウ』を合わせたチーム名。カンテラさくら共催CSの時、藤ねこさんがピカチュウのTシャツを着ていたことに由来する。もちろん今日も着てた

f:id:Szm_san:20190908193930j:plain


チームメンバー

・藤ねこ

f:id:Szm_san:20190908194033j:plain

チームリーダー、メインブレーン

直近の超CSでも予選上がりした【赤白サンマックス】を使用

ピカチュウ要素はTシャツ。なおこのチーム、藤ねこさんのTシャツ以外ポケモン要素は無い模様

f:id:Szm_san:20190908202132j:plain

なんならサトシまでお洒落。電撃放ってるけど、その位置で放ったらサトシが一番ダメージでかくない?


・K

f:id:Szm_san:20190908194114j:plain

おなじみ栃木の五色使い。前々からチーム組もうねって話はしてたけど今回ようやく組むことができたってわけ

今日は構築を対【デッドダムド】に寄せた【5色コントロール】を使用


・雀

【青黒緑デッドダムド】から受けトリガーの枠が減っていることと【赤白サンマックス】のような速いターンで殴り切るデッキの母数が増えていることから、青い強力な受けトリガー2種を無理なく組み込める【赤青クラッシュ覇道】を選択

f:id:Szm_san:20190908194813j:plain

なにかと刺さりの良い≪異端流し オニカマス≫も積めるしね



・戦績

一回戦:印鑑パラスキング⚪︎

藤:赤単アグロ⚪︎

K:赤緑モルトNEXT×

チーム2-1⚪︎


二回戦:赤単アグロ⚪︎

藤:赤青クラッシュ覇道⚪︎

K:青t黒魔導具×

チーム2-1⚪︎


三回戦:5色ジョリー×

藤:墓地ソース⚪︎

K:5色ジョリー×

チーム1-2×


四回戦:青黒緑デッドダムド⚪︎

藤:青黒緑デッドダムド×

K:青黒緑デッドダムド⚪︎

チーム2-1⚪︎


五回戦:青白スコーラー×

藤:赤白サンマックス×

K:赤白サンマックス×

チーム0-3×


個人3-2、チーム3-2、予選落ち


・各対面

【印鑑パラスキング】、先攻3t≪触礼亞≫≪印鑑D≫から侵略≪パラスキング≫で走られる。最初の3点でトリガー≪ドンドン吸い込むナウ≫を踏んで2連撃は受けずに済み、増えたハンドから≪触礼亞≫≪覇道≫を2セット、トリガー踏まず勝ち

【赤単アグロ】相手のスタートが弱く3t目まで盾に触れず、こちら≪オニカマス≫2体立てて≪触礼亞≫≪覇道≫当てて勝ち

【5色ジョリー】、≪裏切りの魔狼月下城≫が強すぎた。序盤で3ハンデス喰らい後が続かなくなり、リソース伸ばされ≪ジョリーjoe≫着地で負け

【青黒緑デッドダムド】、≪轟轟轟ブランド≫が初手に見えたのでウィニーで殴り切るプランを採る。≪ヴェルデ≫で≪オニカマス≫を処理されかなり苦しくなったところでトップ≪クロック≫を引いてしまい痛すぎるドローゴー、負けたと思ったが返しの相手のプレイが≪VV-8≫置くだけという悠長なもの。次のドローが≪ゴルドーザ≫で勝ち

終わった後悔しかったのか散々ボソボソ言われたけど、≪轟轟轟≫のドローも次のドローも有効札じゃなく、しかも都合よく≪ハヤブサマル≫まで握って、それでターン貰っておいて≪VV-8≫置いてエンドは流石に甘えすぎじゃないかなぁ?と思うけどね

【青白スコーラー】、先手2t≪ウェイボール≫スタート切られて焦りすぎた。≪触礼亞≫≪覇道≫≪MANGA≫で殴り切るプランを採ったが2点で≪ヘブンズフォース≫踏んでしまいブロッカーが増え攻撃が通らなくなる。大量ドローからの≪スコーラー≫着地して≪ディール≫でフルパン負け。冷静に≪G・W・D≫とか待てばよかったかな


予選こそ上がれなかったものの、非常に楽しくて良いチームでした

Kさんの空気が抜けてきたら、またポンプで入れ直そうと思います


次のCSは来週の宇都宮イエサブ、その次の週にはあの北関東一の神CS「こあら杯」。その前にポケカのCS「まあや杯」が小山バトロコであるんで、キャン待ち貫通したら出ようと思います

昨日小山バトロコでポケカの日と新弾バトルに出たんだけど、それについてはブログで纏めるほどたいしたあれでもなかったんで割愛

松井くん直伝≪バルガライゾウ≫で相手の人生めちゃくちゃにするデッキです。賢者になります


GPまでもう結構時間無いんで、そろそろ使う候補絞っていかないといけないね

新弾リリースが途中で挟まるせいでかなり環境変わりそうなんだよな


特にまとまりないけど

おわりです

足利CSの話

今日は足利CSに参加しました

オポワンチャンすら言わせてくれない負け越しです


使用:赤白サンマックス

f:id:Szm_san:20190901224532j:plain

【赤白サンマックス】みたいな環境トップデッキを使ってたら、田中に「そのイメージない」と言われました

いまだに≪ミステリー・キューブ≫を使ってCS3-3とかしてるイメージが払拭できていないみたいです


戦績

一回戦:赤青クラッシュ覇道⚪︎

二回戦:青t黒魔導具×

三回戦:青黒緑デッドダムド×

四回戦:青黒ロマノフ⚪︎

五回戦:青t黒魔導具×

2-3、予選落ち


各対面

【赤青クラッシュ覇道】≪リリアング≫≪ドープ≫≪ダテンクェール≫で殴りに行くも最初の2点で≪クロック≫と≪ドンドン吸い込むナウ≫を踏む。次のターンの1点目で≪クロック≫を踏む。そんな最強盾されたが引きが渋かったらしく≪触礼亞≫≪覇道≫のハッピーセットは飛んで来ず

【青魔導具】1本目、先手2t≪卍新世壊卍≫されるも≪プーンギ≫2枚と≪ガガパックン≫で遅延して横に打点を並べる。≪MANGA≫で過剰打点用意して殴りに行くが≪エアヴォ≫を踏んでしまいジャスキルになる。最後の1点を≪ハヤブサマル≫で受けられ決めきれず、返しに≪ガリュミーズ≫、非公開から≪メラヴォルガル≫2枚含む4枚展開。≪本日のラッキーナンバー≫2枚使用。全部持っとんのかい

【青黒緑デッドダムド】じゃんけんに負けると勝ち目ほぼないです。丁寧にボード処理されて≪デジルムカデ≫着地でゲーム終了

【青黒ロマノフ】身内戦、デッキ内容ばらすのもあれなので。今日唯一じゃんけんに勝ってトリガー踏まなかったから勝ちました、以上

【青魔導具】2本目、得意なフォーマットは超CSでおなじみのみすとさん。相手先手2t≪卍新世壊卍≫、こちら後手2パスだったもののトップした白から≪リリアング≫≪ガガパックン≫でマウント、≪MANGA≫から≪ドープ≫≪ダテンクェール≫を捲りジャスキルが揃う。≪ダテンクェール≫から2点


≪ゴゴゴcho絶ラッシュ≫と≪堕呪カージグリ≫

破壊を耐えるはずだった≪リリアング≫がバウンスされボードは全滅。当然捲れるはずもなく≪ガリュミーズ≫まで届いて負け


元々不利と割り切らないといけない対面で当たったのは【青黒緑デッドダムド】かな、【青魔導具】は先手を取るor2t≪卍新世壊卍≫以外のスタートなら問題ない対面なのに、毎回必ず先手2t≪卍新世壊卍≫なの現環境で最も理不尽よな


サブトーナメント

一回戦

茄子さん

…参加費返してくれ


使用:青黒ロマノフ

黒くて重いカードを引きまくり、青い手札交換引けず。最初の盾から≪サイバーチューン≫、≪ロマノフ二世≫落としながらの≪バイケン≫に成功しちょっと遅延するも、≪バイケン≫は山下行き。手札でだぶつく≪ダンタル≫、蘇生カードも無し。殴り切られて負け


調整で何回も回してきたのに、そういう時に限ってそういうこと起こるんだねって感じ


とにかく終始ダメな日でしたね。ストーンエッジも外すし、バークアウトは1匹も当たらない。そういうものです


f:id:Szm_san:20190901231706j:plain

そのあとつけ麺を食べました。おいしい


来週はオルタナチーム戦、その次は小山でポケカCSと宇都宮イエサブCS、さらに次はこあら杯かな?遠征と言うほど距離なくて出られるCS増えてありがたい


おわりです